ミネラルウォーター
*lovelyセレクト

ミネラルウォーターの種類や硬度、成分や効能他。美味しい飲み方、むくみやダイエット、料理に合うミネラルウォーターなどちょっとディープな水のお話。

重いミネラルウォーターは通販でまとめ買い派。
ミネラルウォーターコラム9 / 「ミネラルウォーターコラム集」のトップへ

「炭酸水洗顔」の超詳しい解説とコツと注意点。

炭酸ガスが血管の中に入ると血流が増えて血行が良くなるから炭酸はお肌の新陳代謝にも役立ちますよというお話を前回のコラムで詳しくさせていただきましたが、せっかくならその炭酸の効果を「無理なく」活用してお肌を良い状態にしていきましょう。
ここで言う「無理なく」というのは、ざっくり言うと「簡単」で「あまりお金がかからない」ということです。これって炭酸水洗顔の継続に必要なことだと思います。



前回のコラムの中段あたりの「コスパ的にも◎な炭酸水洗顔を1度試してほしい」という項目で、炭酸水洗顔をおすすめさせていただきましたが、お肌に関して言えば炭酸水の血行促進効果を1番手っ取り早く実感できるのは炭酸水洗顔だということをこれから熱く(?!)語らせていただきますのでぜひお付き合いください。


炭酸水洗顔の方法として、オーソドックスなものは、大体こんな感じです。 
  • 1.炭酸洗顔料(コスメ)を購入して、普通に顔を洗う。
  • 2.炭酸水を自分で作って顔を洗う。 or 普通の洗顔料に混ぜて顔を洗う。
  • 3.飲料用の炭酸水を使って顔を洗う。 or 普通の洗顔料に混ぜて顔を洗う。
  • 4.炭酸を作る機械で炭酸水を作って顔を洗う。 or 普通の洗顔料に混ぜて顔を洗う。

まず、1番目の「炭酸洗顔料(コスメ)を購入して、普通に顔を洗う。」ですが、私は炭酸洗顔料を使ったことがないのでコメントしません。ただすでに使っていて効果を実感しているという方がいらっしゃいましたらそのまま続けてください。
あくまで個人的な感想ですが・・・コスメ系は結構お高い気がします。あと、化粧品会社の機能系コスメに疑問があるというか(普通におしゃれのためのコスメは好きだし良いと思うのですが)、「機能系のコスメ」は大げさなCMが多いな~と思ってしまっている部分もあるのでちょっとコメントは控えさせてください。(コスメを使っていて実感がある方はそのまま続けてください。せっかく効果があるのにやめる必要はないですからね。)
私がおすすめしたいのは2番目と3番目です。あと場合によっては4番目もおすすめします。


特に飲料用の炭酸水を使って顔を洗うのを1番おすすめする理由

結論から先に言いますと、私がもっともおすすめしたいのは3番目の飲料用の炭酸水(国産で1リットル100円から120円くらい)のものを使った洗顔です。
その中で特にお勧めしたいのは、洗顔料に炭酸を混ぜて顔を洗う方法よりも「顔に直接炭酸水をつける洗顔方法」です。


コスパの良いおすすめ炭酸水

炭酸系の入浴剤や炭酸泉(ラムネ温泉)の解説で、お肌に直接炭酸を触れさせることで炭酸ガスがお肌の中に浸透するというお話を前にさせていただきましたが、この作用を最大限に生かすためには、顔を炭酸水に直接浸すのが手っ取り早くて効果的です。


炭酸水洗顔の私的方法、絶対気を付けた方がいいのに(2017.9.5時点で)たぶん誰も書いてないこと。

炭酸ガスをできるだけ直接お肌に触れさせるという観点から考えると、洗顔料に混ぜるだけよりも顔を浸す方が良さそうだということはご理解いただけると思います。
ここからは、具体的にどうすればいいのかをかなり細かくお話させていただきます。
私が凄くおすすめしている炭酸水洗顔は、ものすごく簡単に言うと、「洗面器に炭酸水を入れて顔を浸けるだけ」なのです。大抵のテレビやネットでの説明もこんな感じですので、あまりにも簡単すぎて逆に「え!これでいいの?」と戸惑うほどですが、実際にやってみるとなると、結構「あれ?」と思うことがでてきます。


言うほど簡単じゃない?、何も知らないまま実行すると結構戸惑うんです。悲劇の話。

「ああ、炭酸水を洗面器に入れて顔を浸けるだけね~、はいはい楽勝楽勝!家にちょうど炭酸水(無糖)があるのでちょっとやってみますか」的な気分になる方もいらっしゃるかも知れませんが、ちょっと待ってください。もし、軽い気持ちでやると、悲劇?!がきっと訪れます。いや、きっとじゃなくて注意点を知らずに実行するとほぼ確実にちょっと怖いことになります。


私が初めての時、何も知らずに軽い気持ちで顔を炭酸水につけた後に起きた「鼻の穴に水が浸入してくる」という悲劇についてぜひみなさんにお伝えしたいと思います。
笑っちゃうほど痛いです。鼻に水が入ったことがある方ならきっとこの悲惨さをご理解いただけると思います。この鼻の穴に水が入る問題!!は炭酸水洗顔を行う上で無視できません。


意外と息が苦しい問題と洗面器の話

鼻の穴に水が浸入するのは炭酸の勢いがつよくシュワシュワしているためです。息が苦しいのもこのシュワシュワのためです。水中で呼吸するわけでもないのに息が苦しくなるなんて変と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、これは実際に体験してみるとご納得していただけると思います。
「息が苦しい」、「鼻に水」といろいろ言いましたが、このシュワシュワが血流を良くするだけでなく、肌表面の余計な角質の除去や毛穴の汚れを取り除くのにも役立っています。
息が苦しいのは我慢できるレベルなのですが、鼻の穴に水が入ってくるという問題・・・略して「鼻の穴問題(笑)」は相当きついです。でも、効果を感じているので続けたいと私は思いました。
鼻の穴問題と息苦しい問題の超個人的解決方法も下の方で解説しています。


もう一つ地味に気にしていただきたいのが、「洗面器について」です。
使用する洗面器のサイズが効果や継続するときのコストに関わってくるからです。
私が絶対におすすめするのは、お顔がちょうど入るサイズです。1リットルの炭酸水を効率よく活用するのに一番適しています。お顔が入らない大きさの洗面器はNG。逆に大きすぎるのは1リットルでは足りませんし、効率が悪いです。
ちょうどいい大きさの洗面器がないという方は、ちょっと面倒かもしれませんが100均で売っていますので購入してください。お肌を効率よく綺麗にするためにどうしても適切なサイズの洗面器が必要です。


基本的には、これだけ

「冷蔵庫で冷やした炭酸水1リットル」と「お顔がちょうど入るジャストサイズの洗面器」、これが炭酸水洗顔の必要アイテムです。
100円から120円くらいの軟水で無糖の国産飲料メーカー系の炭酸水と家にある(なければ100均で購入)の洗面器だけなので、最初にお話しした通りコストはほとんどかかりません。
もっとお安くするためには、重曹で炭酸を作るというやり方もありますが、家に重曹がない場合は購入することになるので、炭酸洗顔をお試しでやってみたい方は効果を実感できるまでは国内系のお安めのペットボトル入り炭酸水を使用された方が無駄にならないと思います。「重曹で掃除をするからあまっても大丈夫」という方は、重曹を使った手作り炭酸で炭酸水洗顔を行ってみてください。
(重曹炭酸について後で少し触れる予定です。)


コスパの良いおすすめ炭酸水

絶対に洗顔後。そしてメイク落としをした日は控えて!

炭酸水洗顔は顔をいったん綺麗にしてから行ってください。頻度は週に1回か2回くらいがいいと思いますが夏場はそれ以上の回数で気が向いたときに行っています。冷たくて気持ちがいいですよ。
前回のコラムでも書きましたが、逆に冬は寒いので炭酸水洗顔していません。
冬(特に12月の後半から3月前半くらい)以外はいつでもおすすめですが、メイク落としをした後に行うのはおすすめしません。ご存知の方も多いでしょうが、メイク落としって意外とお肌に負担がかかるんですよね・・・。
シュワシュワ泡(炭酸ガス)の刺激があるので、特にお肌の弱い方はメイク落としをしてお肌に負担をかけてしまった後の炭酸水洗顔はやめておいた方が無難です。


お肌タイプは普通肌や脂っぽいお肌の方に特におすすめしたいですが、乾燥肌だけど角質がたまっている気がするとか、くすみが気になっている方もチャレンジしてみてください。
余計な汚れが落ちて化粧水が馴染みやすくなります。
ニキビに悩んでいる10代の子や大人の方にもおすすめできますが、ニキビが化膿しているときはやめてくださいね。シュワシュワ泡の攻撃力が意外と強いのでたぶん痛いです。
炭酸洗顔を正しく行って、炭酸の角質の除去や毛穴のお掃除力の凄さをぜひ実感してください。


絶対に無視できない「鼻の穴に水&息が苦しい」問題の超個人的解決方法

他にもお伝えしたいことがあるのですが長くなりすぎましたので、そろそろ、例の「鼻の穴問題」と「息が苦しい問題」に戻ろうと思います。
シュワシュワとした勢いの良い炭酸ガスが鼻の穴に侵入してくるという、地味見えて意外と切実な問題への対策として、顔を浸ける時間を短くして息継ぎを頻繁に行うというのをやってみました。具体的には2秒とか3秒とかくらい顔を浸してすぐに顔を上げるというやり方です。
時間が経つと炭酸ガスの勢いが弱くなっていきますので、その時は10秒くらい炭酸水に顔を浸してから上げるという風に工夫してみると、鼻の穴に水が入りにくくなり、悲劇は再び訪れることはなかったです。


また、息が苦しいというのもこの時間調節法でかなり改善され、ちょっと我慢すればいいくらいになりましたので一石二鳥の方法ですね。


ということで、最初の部分を短時間にすることで鼻の穴に水が入ることはなくなりましたが、それでも未遂は何度か起きています。水が鼻に入りそうと思ったら、2秒とか3秒とかにこだわらず、迷わずすぐに顔を上げてください。私が行っている時間調整法でも改善されず息が苦しい&鼻に水が入りそうな方で、炭酸水洗顔を長く続けていきたいと思っている方は無理せず鼻栓を利用してください。


炭酸水洗顔の手順。 
  • 1.先に顔を洗う。(ゴシゴシ洗いは絶対にダメ。)
  • 2.冷蔵庫で冷やした炭酸水1リットルを自分の顔がちょうど入るサイズの洗面器にそそぐ。
  • 3.鼻の穴への水の侵入に気を付けながら顔を浸して2~3秒くらいで顔を上げ、息を整えて顔を浸けるのを繰り返す。
  • 4.炭酸ガスの勢いが落ち着いてきたら顔を浸ける時間を長くして(10秒~20秒)顔を炭酸水につけたり顔を上げたりを繰り返す。
  • 5.炭酸ガスが全くなくなったと感じたら終了。タオルで顔を拭いてから化粧水や乳液など普段のお手入れをする。
  • 【おまけ。】ちなみに炭酸が抜けたお水は捨てずにお風呂場で足にかけると良いです。綺麗にあらった顔を浸けただけのお水ですから、そこまで汚れているわけではないですし、まだ少し冷えているので体全体がとても涼しくなりますよ。

次回予告

あまりにも長くなりすぎましたのでいったんここで切ります。
次回は、炭酸水洗顔のさらに突っ込んだお話や重曹炭酸水&炭酸水を作る機械についてもしていきたいと思います。よろしければお付き合いください。


ミネラルウォーターコラム、タイトル一覧



戻る / ページのトップへ



ミネラルウォーターについて

ミネラルウォーターコラム集
・・・その他のコラム

成分や硬度別一覧
ミネラルウォーターの成分

ミネラルウォーターの種類
☆人気ブランド(日本)
国内index
・・・その他(50音順)一覧

☆人気ブランド(海外)
海外index
・・・その他(50音順)一覧