top国内のミネラルウォーター

日本(国内)のミネラルウォーター(軟水)

ザ・タンサン・ストロング(THE TANSAN) / 日本( - ) / 炭酸水(スパークリング)

ザ・タンサン・ストロング(THE TANSAN)について

ザ・タンサン・ストロングは、ボトルドウォーターの区分に入ります。
(ボトルドウォーター・・・天然のミネラル水つまり「ナチュラルミネラルウォーター」や飲用可能な水にミネラル成分をプラスしたりアルカリイオン化したりなど人の手を加えた水のことです。)



老舗ブランドが新たに投入した爽快感を感じるストロングタイプの炭酸水

清涼飲料業界の巨人コカ・コーラが、人気激戦の無糖系強炭酸水に照準を合わせて発売した「ザ・タンサン ストロング(THE TANSAN)」。ここ数年続いている炭酸水ブームですが、その中でも炭酸のパワーが強いものが特に人気で、新しいスパークリングウォーターやレモンやライム、フルーツ系その他の風味のついたフレーバータイプもたくさんあって、炭酸水好きには嬉しい状況です。
ジンジャエールで有名な老舗ブランドの「カナダドライ(CANADA DRY)から売り出したことからもその意気込みが伝わってきます。


カナダドライ(CANADA_DRY)ジンジャーエール1.5L
カナダドライ(CANADA_DRY)ジンジャーエール1.5L
by Amazon

日本コカ・コーラ史上最強のガスボリュームで強炭酸仕上げのスパークリングウォーター

「ザ・タンサン ストロング(THE TANSAN)」は、日本コカ・コーラ社で最強のガスボリュームで強炭酸を実現しているのですが、日本コカ・コーラ社製品490mlPET内という注釈が付きます。・・・とはいえ、炭酸の力は十分でコップに注いだ時にはじける泡の多さから、炭酸のパワーは本物ですね。ちょっと驚くぐらいしゅわしゅわ泡が弾けます。


味の感想
【味感】☆ザ・タンサン ストロング(THE TANSAN)レモン」はどんな味?」
※こちらは「ザ・タンサン・レモン」の感想ですが、プレーン(無味)の「ザ・タンサン ストロング(THE TANSAN)」もレビューする予定です。

「ザ・タンサン ストロング(THE TANSAN)」のこだわり

コカ・コーラ社が美味しさを実現させるために取り組んだ4つのこと。
  • ◇強炭酸の刺激
  • ◇磨き上げられた水
  • ◇澄み切った泡
  • ◇キレのある味
ザ・タンサン ストロングはこういったこだわりで作られているようです。

確かにガツンと来る炭酸パワーでPhコントロールをすることで味にキレを持たせているようですが、添加物が加えられているところが気になる方もいらっしゃるのでは?


添加物の内容は「炭酸、炭酸水素Na、クエン酸Na、リン酸K、リン酸Na」(プレーンタイプ)です。レモンの方は国産レモンエキスや香料が加わります。
炭酸やレモンエキスなど特に問題のないもの以外に、リン酸の表記があるのが個人的には好印象です。
別にこういう風に書かなくてもいいのにわざわざ明記するのは企業姿勢としてはいいですね。
添加物については、炭酸水に何をもとめるのかで変わってきますよね。キレのある雑味のない味を求めるのか、強い泡で爽快感を求めるのか、あくまで天然にこだわるのか・・・などなど
無糖のスパークリングウォーターもいろいろ奥が深いなと感じました。


天然水を使用した炭酸水としては、伊賀の天然水炭酸水や、南アルプスの天然水スパークリングウィルキンソンなどがあります。
この辺りのコスパの良いおすすめ炭酸水をまとめてみましたので、参考にしてください。


「強炭酸は、おいしさで選ぶ時代へ」のメッセージと、泡へのこだわり

「強炭酸は、おいしさで選ぶ時代へ」というコンセプトで水そのものまもちろん炭酸の泡にもこだわり、水だけでなく炭酸の泡までろ過を重ねて磨き上げています。
アルコールの割材としてだけでなくスパークリングウォーターそのものを味わえるように長時間もつ泡を実現する努力をされているようですが・・・
確かに強い炭酸パワーで、味に雑味もありませんが単に炭酸の強さだけのお話なら、他のメーカーさんが出している強炭酸系のスパークリングウォーターの方が勢いが良かったり、あるいは泡持ちが良さそうに感じたりしますが気泡の細かさは「ザ・タンサン・ストロング」に軍配が上がります


泡持ちが良さそうに感じたりの部分について。
「ザ・タンサン・ストロング」は、時間を置くと炭酸の泡がなくなったように見えます。でも飲んでみると細かな気泡を含んでいるのが分かります。ただ、泡が繊細で、一見他のメーカーの炭酸水の方が泡持ちが良いように思われてしまうのがもったいないですね。でも泡は良いです。
ちょっとなめらかと言うか、炭酸水の中でも上位クラスの泡の上品さで、これはいくつかの炭酸水(※天然水炭酸水を除く)と比べてみると一目瞭然です。
とはいえ、炭酸の強さ目的なら別に先行販売のウィルキンソンでもいいかも。・・・ちょっと辛口ですかね。


炭酸水なのに中性?

大抵のスパークリングウォーターは酸性です。この辺のことはコラム12の【炭酸水のデメリット、伝説の「歯や骨が溶ける?話(前編)」】の半ばにある【溶ける・・・虫歯・・・炭酸水の性質が関係するんです】とも関連のあるお話ですが今回は割愛します。気になる方は、コラムを読んでくださいね。


「ザ・タンサン ストロング(THE TANSAN)」に話を戻します。基本的に炭酸水は天然炭酸水(※天然水炭酸水とは別)や特別な環境や状況下以外では酸性です。にもかかわらず「ザ・タンサン ストロング(THE TANSAN)」が中性に近い(※正確な数値は非公表)のは上の方で触れた添加物のお話ともリンクします。
添加物を加えることで炭酸飲料全般によくある酸性に傾いた状態を解消していることが判明しました。ちょっとスッキリ。
「ザ・タンサン ストロング(THE TANSAN)」の場合、炭酸のパワーや泡の持続よりも中性寄りというのがポイントかなと思います。


カロリーゼロ&ほぼ中性・・・お風呂上がりの水分補給におすすめします。

他の天然水スパークリングでもおすすめしましたが、お風呂上がりにビールやコーラなどの炭酸入りの飲料を飲む習慣をおもちの方は、「コスパの良いノーカロリー or 低カロリー炭酸水」を代わりにしてみてはいかがでしょうか。


ザ・タンサンを
Amazonで探す。 / 楽天で探す。

※参考画像(Amazon)

ザ・タンサンを
Amazonで探す。 / 楽天で探す。

硬度およびミネラル含有量(※1リットル当たり)
硬度0(超軟水)
pH値※非公表ですが
弱酸性~中性です。
カルシウム0mg
マグネシウム0mg
カリウム0mg
ナトリウム500mg※0.5g

1リットル/mg換算にしているのでナトリウムが多く感じられるかもしれませんが
0.5g(食塩換算で1.27g)、490ml1本飲む場合は0.635gということになりますので
異常な量というわけでもないです。
塩分が体から抜けていく季節ならむしろ良いかも。(逆に冬はおすすめしません。)




戻る / ページのトップへ