topミネラルウォーターコラム集ミネラルウォーターコラム10-1
記事UP日(17.10.18)

手作りの炭酸水で洗顔 vs 買ってきた炭酸水で洗顔。

前回のコラムでは、「炭酸水洗顔」の詳しい解説と注意点や、なぜかみんながあまり書かないけど知って損はない炭酸水洗顔の具体的なお話などをせていただきました。
今回は私が1番おすすめしている「購入した炭酸水での洗顔」をもっと深く掘り下げていくことと、人によっては結構おすすめな手づくり炭酸水での洗顔についてのお話を中心にしていきたいと思います。



「市販の炭酸水を購入して洗顔する」をイチオシにしている理由

炭酸水洗顔の方法として、オーソドックスなものをまとめたものを再掲します。

  • 1.炭酸洗顔料(コスメ)を購入して、普通に顔を洗う。
  • 2.炭酸水を自分で作って顔を洗う。 or 普通の洗顔料に混ぜて顔を洗う。
  • 3.飲料用の炭酸水を使って顔を洗う。 or 普通の洗顔料に混ぜて顔を洗う。
  • 4.炭酸を作る機械で炭酸水を作って顔を洗う。 or 普通の洗顔料に混ぜて顔を洗う。

この中で個人的に1番おすすめなのは3の「飲料用の炭酸水を使って顔を洗う」ですというお話を前回のコラムでしましたが、それは私が試してみて個人的に効果を実感できた上に注意点さえ分かれば、基本的に1リットル入りの炭酸水(無糖)と洗面器だけですぐに始められるので簡単で続けやすいからです。


コスパの良いおすすめ炭酸水

2番目におすすめの「炭酸水を自分で作って顔を洗う」は、「重曹」と「クエン酸」を混ぜて炭酸水を作るタイプですので、すでにお家にクエン酸と重曹がある方はあとは洗面器だけを準備するだけですみますし、飲料用の炭酸水を使うよりもコスパ的には◎ですから、こちらからチャレンジしてみてもいいかもしれません。


市販の炭酸水を購入して洗顔するのと手作り炭酸水で洗顔する場合の微妙な違い

「重曹+クエン酸」の手づくり炭酸水のいい点として、市販の炭酸水に比べて炭酸の勢いが少ないので、例の「鼻の穴に水が入ってくるという問題」がほぼ起こらないことが挙げられます。
市販の炭酸水を使うときのような、炭酸ガスの勢いがあるうちは炭酸水に顔を浸ける時間を短く調節して早めの息継ぎ繰り返し、炭酸の勢いが少なくなったら長時間顔を浸ける(息継ぎをゆっくり)という工夫をしなくても鼻に水が入ってくることなく、始めから自分のペースで洗顔することができます。
ただこれは裏を返すと、炭酸ガスの血行促進効果は市販の炭酸水を使った方が高いということでもあります。


それでも、手づくり炭酸水の洗顔を結構おすすめする理由!

炭酸ガスの勢いの違いから考えると血行促進(と肌細胞の活性化)に関しては市販の炭酸水を使った方がいいのに、それでも私が手作り炭酸水の洗顔を結構おすすめするのは息継ぎが楽ということの他に、毛穴の汚れをとってお肌をきれいにする点で優れているからです。
確かに血行促進では市販の炭酸水の方が1歩リードしていますが、お肌の汚れをとるということに関しては手づくり炭酸水も負けていません。


新陳代謝で重要なことは、汚れを落とし角質を“適切に”取り除くこと(角質の取りすぎは逆効果)ですので、血行促進力が少し低くても毛穴の汚れとりや角質除去が1番の目的の場合なら、手作り炭酸水も相当優秀なのでおすすめできます。


1 / 2

ミネラルウォーターコラム、タイトル一覧


topコラム集>ミネラルウォーターコラム10-1

戻る / ページのトップへ

スポンサードリンク 
  1. おすすめコラム
  2. ピックアップコンテンツ


ページのトップへ
ミネラルウォーターについて
ミネラルウォーターコラム集
・・・その他のコラム

硬度別一覧
ミネラルウォーターの特徴別一覧
成分別一覧
ミネラルウォーターの成分
ミネラルウォーターの種類
☆人気ブランド(日本)
・・・その他(50音順)一覧

☆人気ブランド(海外)
・・・その他(50音順)一覧